デリヘルの仕事

風俗の中でもデリヘルで働く場合には、しっかりとどのようなサービスを提供するのか理解しておく必要があります。デリヘルのシステムは、ホームページや風俗情報誌などを見てくれたお客さんがお店に電話をしてくれた所からはじまります。

お店側が電話で住所を聞き女性を派遣します。多くのデリヘル店が車での送迎を行ってくれますので、お客さんが呼べる範囲は決まっています。ホテルに入ると最初にサービス内容の紹介と、お会計をします。デリヘルの場合には、多種多様な有料オプションがありますので、これらのオプションについてもしっかりと説明を行います。有料オプションの代金のほとんどがボーナスとして受け取る事ができますので積極的にアピールしていってください。

デリヘルのサービスは男性器を女性器に入れて動かす、いわゆる本番行為以外でしたら大抵の事は出来ると言われています。お店によっては男性がシャワーに入る前にフェラチオをする即尺と呼ばれるサービスが基本プレイになっている所もありますので、即尺が苦手な方は、事前に基本プレイを確認する事が重要になります。またお酒が入っている方でしたり、何らかのトラブルなどがあった場合には、電話でスタッフの方に対応してもらうなどの処置が必要になります。

最近の風俗求人

最近の風俗求人は以前の物とは明らかに違ってきています。以前は本当に一部の人間しか風俗を経営する事ができなかったのに、現在では誰でも簡単に風俗を始められるようになりました。その効果は絶大で、2016年現在において風俗業界は5兆円規模の市場にまで成長しています。

なぜここまで大きな市場に成長したのかというと、ホテヘルやデリヘルのような店舗を持たない風俗が増えて来たということがあります。これまでは店舗が無ければ風俗を営業する事ができませんでした。そのため、無理をして駅前の路地にあるような歓楽街でお店を始めなければいけませんでした。駅から近いという事は当然ながら家賃も高くなってきていますし、場所によっては、そのエリアを昔から守っている暴力団の方との話をしなければいけない場合もあり、かなり難易度が高い状況が続いていました。

しかしデリヘルやホテヘルのような場合には、利用者が宿泊しているホテルなどに風俗嬢を派遣して性的なサービスを提供しますので、実際にサービスを提供する場所を用意しなくても大丈夫なのです。もちろん事務所と女性がお客さんに入るまで待機している場所は用意しなければいけませんが、駅から離れていても問題ありませんのでコストも少なく抑える事ができますし、暴力団の方との繋がりも無くす事ができます。こちらのページでは、昭和の時代から変わりつつある2016年現在の風俗業界の今の状況などについてご紹介します。これからデリヘルなどで働こうと思っている方は、ぜひ参考にしてください。